全国の経済産業局が連携した ”challenge Local Cool Japan in パリ” 事業のご紹介 2017年11月2日

全国の経済産業局では、パリのショールーム運営事業者SAS ENIS(サニ・エニス)、JETRO,中小企業基盤整備機構クールジャパン機構と連携して、世界のショールームであるパリ“maison wa(メゾン・ワ)”において、常設展示およびテストマーケティングにより全国各地の優れたクールジャパン商品の海外販路開拓を支援する“Challenge Local Cool Japan in パリ”事業を実施しています。四国経済産業局も本事業により四国地域のクールジャパン商品の海外への販路開拓を支援しています。

クールジャパン商品
地域性およびデザイン性が感じられ、伝統・文化・技術・ライフスタイル等を背景に有する商品

この事業は、もともとは平成27年8月に近畿経済産業局が関西地域のクールジャパン商品を有する事業者の海外展開を支援するため、パリのショールームでの常設展示およびテストマーケティングの持続可能な仕組みを構築するとして始めた事業ですが、その後平成29年度からは対象とするクールジャパン商品を全国に拡大し、全国の経済産業局においても実施することとなったもので、四国地域からも7社の商品(うち愛媛県は3社)が選定されて出展しています。
◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆☐◆

【事業の概要】
全国各地から公募したクールジャパン商品の中から対象商品を選定し、クールジャパン機構(㈱海外需要開拓支援機構)が出資する“SAS ENIS(サス エニス)”が運営するパリ中心部のショールーム“maison wa(メゾン・ワ)”にて原則として1年間、常設展示およびテストマーケティングを行っています。

クールジャパン機構(㈱海外需要開拓支援機構)
日本の魅力ある商品・サービスの海外需要開拓に関連する支援・促進を目指す官民ファンドとして2013年11月に法律に基づいて設立された機関。「日本の魅力(クールジャパン)」を事業化し、海外需要につなげるため、「メディア・コンテンツ」、「食・サービス」、「ファッション・ライフスタイル」をはじめとする様々な分野でリスクマネーの供給を行っている。
【同機関WEBサイト(https://www.cj-fund.co.jp/)より抜粋】

1.クールジャパン商品の募集と選定
①参加希望のクールジャパン商品を公募。
②書類選考および商品選定会を実施して、 “SAS ENIS”が中心となり展示商品を選定。
③選定されなかった商品については、その理由をフィードバック。

2.パリでの常設展示とテストマーケティング
①出展商品の海外輸出関連手続き(通関手続や物流)のサポート。
②“SAS ENIS”が運営するパリのショールームにおいて出展商品の常設展示およびテストマーケティングを実施。
(一定程度の在庫保有も可能)
③出展商品に関してパリで商談や問い合わせが発生した場合には言語面や営業面でのサポート。
④テストマーケティング結果を毎月フィードバック。
⑤半年に1回、特定バイヤーによるコメントを取得。
⑥参加事業者の自主的な営業活動について、必要に応じて助言・サポート。

【実施体制】

02-2 Challenge Local Cool Japan in パリ【実施体制】

 

 

 

 

 

【参加事業者の主なメリット】
1.パリ市内の好立地な実店舗にて、低コストで自社製品を常設展示することができる。
2.毎月、自社商品に対する現地の消費者等の反応のフィードバックを受けることができる。
3.日本人スタッフが現地に常駐しているため、現地の言語が分からなくても、テストマーケティングを効率的に実施できる。
4.本事業を核に、現地での営業活動や展示会出展など参加事業者が自主的に実施する他の営業活動との組み合わせ次第で成約率や現地での信用度が高まる可能性がある。
5.本事業におけるすべてのプロセスを日本語のみで対応することができる。
6.商品輸出に関する煩雑な通関手続きや関税処理にかかる業務負担を軽減できる。
7.定期便を活用した混載輸送により物流コストを軽減できる。
8.委託販売手数料は事業参加費に充当するため、事業参加費額に達するまで実質無料。

【出展の基本条件(平成29年度)】

1.対象商品
全国各地のクールジャパン商品 ただし、食品は対象外で輸出可能なもの。
2.商品選定数
50点程度(全国)
3.常設展示期間
原則1年間(半年間の展示も可)
4.商品販売形式
委託販売方式“SAS ENIS”と参加事業者との直接契約
5.商品陳列方法
“SAS ENIS”に一任
6.申請費用
無料
最終的に商品選定された事業者については、基本費用が発生。
7.基本費用
①事業参加費
・1年間 30,000円/月(税抜)
・半年間 35,000円/月(税抜)
②商品輸出入関連費
・実費
国内外運送費用、通関手続き費用、関税、VAT(通関時支払い)
③委託販売手数料
・売り上げの10%
※1か月間(月末締め)の委託販売手数料が毎月の事業参加費(税抜)に満たない場合は、委託販売手数料は実質無料。
※1か月間(月末締め)の委託販売手数料が毎月の事業参加費(税抜)を超過する場合は、当該委託販売手数料から事業参加費(税抜)を控除した金額を”SAS ENIS”に支払う。
8.追加的費用
参加事業者は、この事業の有効活用にあたり、ジェトロや中小企業基盤整備機構等の各種支援施策の活用を含めて、以下のような現地営業活動についても、”SAS ENIS”や支援機関等と相談のうえ併行的に行     うことが望ましく、その際に発生して参加事業者が負担する費用。
①自社商品のテイストに合致する現地展示会への出展
②現地専門家を活用した現地小売店等への営業活動
③現地でのワークショップやポップアップイベントの開催
④現地ディストリビュータへのコンタクト
⑤現地市場調査  等

【今後の事業スケジュール(予定)】
この事業に関する来年度の常設展示およびテストマーケティングの実施スケジュールは未定ですが、以下の予定が見込まれています。
1.商品公募期間
平成29年12月初旬~平成30年1月中旬頃
2.書類選考結果通知
平成30年2月上旬
3.最終商品選定会開催
平成30年2月下旬~3月上旬
4.常設展示期間
平成30年4月~平成31年3月末
(原則1年間)
※上記はあくまで予定であり、変更される可能性があります。

【その他の参考資料】
本事業については、以下をご参照ください。
①四国経産局NewsRelease(平成29年3月15日)
http://www.shikoku.meti.go.jp/8_press/2017/20170315a/170313.html
②Challenge Local Cool Japan in パリ(平成29年3月)
http://www.kansai.meti.go.jp/3-2sashitsu/CCkansai/france/discover.html
③”SAS ENIS”(サス・エニス)
https://www.cj-fund.co.jp/investment/project/vol4/

カテゴリ: お知らせ